次回キリ番リクエスト30000!! 更新報告:12月15日 朧月の契り 第2章14 日記 を更新。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■朧月の契り
2037/04/17 Fri朧月の契り
朧月の契り =I reach the utopia at last.=


 目覚めは空白。出会いは始まり。垣間見るは誰の夢―――?
 勝者無き戦争は終わりを告げ、現実は動き出す。目覚めは誰がために?
 その身は忘れない。その魂は忘れない。そう、何故ならばその身は――。
 ――さぁ、意味の無い生涯を語ろう。


 序章 「空白の目覚め

 第1章 「夢と現と真実と」
  01 02 03 04

 間章 「かの身の生涯」
  前編 後編

 第2章「白銀の妖精の僕」
  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10
  11 12 13 14 New!!






 
 カナデのステータス





旧作:幻月の乙女

 これはまるで意味のない喜劇。誰が喜ぶ訳でもない。
 これはただの自作自演にしてそれに終わるだけ。観客もいるわけない。
 ただ、それでも確かに残るもの。それは意味の無いものだけれども。
 これは、確かに彼女の生きた証なのだ。
 ※朧月の原型。要望により多少の改訂を加えて掲載。

序章「End and beginning」   第1章「Thus, she swore it

第2章「It is a far phantom」   第3章「It is true of the world

第4章「She is a crime avenger」   最終章「unlimited blade works
  


外伝:鏡月の調べ =The wished utopia there.=


 それは異なる目覚め。それはただどこまでも穏やかに――。
 だが、その魂は許さない。この身はどこまでも、その丘にたどり着く為に。
 だから呼び合う。在らざるべき者はまた、在らざる者に招かれて――。
 ――選ぶべき未来は、果たして。


 序章 「願いは誰が為に

 第1章「切欠は突然に」
  01




  


  

トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■リリカル・クロニクル =世界の終わりに悪魔と竜は戯れる= 第3章 08
2012/08/03 Friリリカル・クロニクル
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(2)
■■■TRPG「シルバーレイン」セッションの参加募集
2012/04/30 MonTRPG
日記より失礼します。
5月の4日、5月の9日、10日が休みなのでTRPG「シルバーレイン」のセッションをやりたいな、と思っています。
そのため、参加者を募集しております。キャラメイクから初めて数値の算出、シナリオの終了まで時間がかかる事が予想されるので朝から夜にかけてまで参加出来る方を募集しております。
理想としては4日に食事も兼ねてどこかでキャラを作り、9日、10日にてセッションをするのが理想ではありますが集まれない場合は集まれるその日にキャラ作成・セッションをやろうと思っています。
必要なものは筆記用具だけ! このTRPGにはダイスなどは必要ありません。こちらでご用意させて頂く「カード」を使ったTRPGとなりますので「ダイス持ってない」という方でも気軽に参加出来ます。

今回使うルールブック、「シルバーレイン」はリプレイ小説など小説の作成などにも転用しやすい作品となっており、ネットでもPBW版が存在するなどなかなか奥深いシステムとなっています。
もし、TRPGで興味が出たらPBW版をやってみるのも手かもしれません。私はお金がないのでやりませんが(汗 あ、お金と言っても一回のシナリオ参加に1,000円かかるだけです。

さて、ざっと「シルバーレイン」の世界観を説明させていただきますが、この世界は現代系のファンタジーとなります。
かつて世界は超常たる不思議が存在していました。”詠唱銀”と呼ばれる物質によってそれがもたらされ、世に伝わる神話や伝説、怪奇などはこの”詠唱銀”と呼ばれる物質が原因となって引き起こされていたと言われています。
この力を使う者たちを”能力者”。そしてこの力が悪意ある方向に向いてしまったのが”ゴースト”と呼ばれる人類の敵対者です。
長い間、闘争の歴史を繰り広げてきた”能力者”と”ゴースト”ですが、人類側はこの長き戦いに疲弊し、この戦争を終わらせる一手を打ちました。それは「この世界に超常たる力などない」という”認識”を世界中に植え付け、”常識”という超常の力を用いて”世界結界”と呼ばれる結界を形成しました。
これによって”ゴースト”や”来訪者”と呼ばれる超常たる力を持つ者たちを追放する事に成功します。人類は700年の”忘却期”と呼ばれる平和な時代を獲得しました。

しかし、この”世界結界”が最近になって綻びが生じました。それは世界を護っていた”常識”の力がインターネットの普及による常識という認識の齟齬など、様々な要因が重なった結果です。
そしてその為に出来た綻びが”詠唱銀”を含んだ雨、”シルバーレイン”となって世界に降り注ぎ、超常たる力が再び舞い戻る結果となりました。
そして再び活動する”ゴースト”。そして”能力者”達。しかし、長い間”世界結界”護られていた大人達は”世界結界”に護られていた影響でこの超常たる力を認められず、狂気に誘われ人類と敵対する者も現れるという事態に陥っていました。
状況が困難な中、僅かに超常の力を認識出来る者たちが行ったのは能力者として覚醒した、ないし、資質を持った子供達を保護する事でした。子供達は常識に囚われる事が無く、そのまま能力の覚醒を受け入れていったからです。
しかしこの子供達もただ存在するだけでは”ゴースト”の格好の餌でした。故に作られた施設、それが鎌倉に存在する”銀誓舘学園”です。プレイヤーはこの学園の”生徒”となり、普段は学生として、そして非常時には”能力者”として日常と非日常の青春を送る者としてこの世界で人生を送って頂きます。
能力者には魔剣を使う者、忍者、魔法使いといったポピュラーなものだけでなく、音楽を魔術の域まで高め闘うミュージシャン、飽くなき創作の意欲を闘う力へと変換する者など様々な能力を扱う者たちがいます。勿論、人間以外の種族もいます。その内容は多種多様。本業とバイトと、二種類の職業を選んで貴方だけのキャラを作れます!

世界観としてはこんな感じです。もしももっと詳しく知りたいという方がいらっしゃいましたら私も初めてでは在りますが一緒に学んで行ければと思っています。良ければ参加して頂ける人をお待ちしております。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■とりあえず生きてます。
2011/07/27 Wed日記
とりあえずこれだけです。小説も書いてますが別のに手をつけてますが、そろそろこっちの小説のモチベーションも戻りつつあるので続き書こうかなとも思ってます。本当に今まで音信不通で申し訳ない。ちゃんと元気に生きてます。
トラックバック(0)+ +コメント(2)
■■■生存報告…。
2011/01/16 Sun日記
 どうも、道化です。生きてるには生きてます…。
 えー、スランプです。すいません、どうしようもなくスランプですorz
 なので、朧月の更新は暫しお待ちいただけると幸いです。なんとか書いてみようと手にはとるものの、なかなか納得が出来るものが書けず、公開には至りません。
 …気分転換にゲームなどやってたら更新が遅くなったりするかもしれませんorz それでも頑張りますのでー…。では、道化でした…。皆様もどうか体調にはお気を付けください。
トラックバック(0)+ +コメント(2)
BACK HOME NEXT
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
カテゴリー
最近のコメント

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。