次回キリ番リクエスト30000!! 更新報告:12月15日 朧月の契り 第2章14 日記 を更新。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■朧月の契り カナデのステータス
2010/11/23 Tue朧月の契り
英霊エミヤカナデの召喚時のステータス


CLASS ”バーサーカー”

マスター:イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
真名:エミヤ(エミヤカナデ)
性別:女性
身長・体重:160cm 55kg
属性:中立・中庸
パラメーター
・筋力:E ・魔力:B
・耐久:D ・幸運:B
・敏捷:C ・宝具:??

クラス別能力
・狂化:C
パラメーターをランクアップさせる代わりに理性の大半を奪われる。

保有スキル
・対魔力:C
大二節以下の詠唱による魔術を無効化する。大魔術、儀礼呪法などの大掛りな魔術は防げない。
・単独行動:A
マスター不在でも活動出来るレベル。彼女の生来の特性上、魔力さえ消費しなければ顕現可能。
・心眼(真):C
修行・鍛錬によって培った洞察力。彼女本来のものではない為に本来のものよりもランクダウンしている。
・信仰の加護:B(A+)
一つの宗教観に準じた者のみが持つスキル。ある一人の英雄を信奉し、その道を追い続けたが故に得た加護。このスキルによってパラメーターを向上させられるが、逆に信仰の元となった英雄を前にすると能力値がマイナスされる。下記の自我確立と相乗してランクを上げられるが、その場合、精神に異常を来す。
・自我確立:A(A+)
精神に干渉する魔術、技能による精神汚染耐性。このスキルを保有する事によって自我を見失う事がない。よって狂化による理性の喪失などもこれによって封殺している。上記の信仰の加護との相乗効果によって精神防御に関してだけはほぼトップクラス。ただし人格の異常を引き起こす可能性も大である。

詳細
 本来は魔術回路を持つだけの一般人だったが、難病を患い冷凍睡眠され、眠り続けていた。
 それがある経緯によって病を回復させ、失われた記憶と人格を経緯によって得た新たな自我によって補填する事によって生まれた。
 その経緯によって得た信仰心とも言うべき執着から、その身を信仰を抱く英雄の背を追ってその座に無理矢理加わる為に「正義の味方」として世界を駆けめぐった少女。


宝具
"七天の聖杯"(セブンスヘブン・アートグラフ)
 別名、ムーンセル・オートマン。彼女が手に入れた月の聖杯。これによって彼女はいつ如何なる状態の召喚によっても自我を維持出来る。その為、召還時の記憶は月の聖杯に残され、召喚と同時に記憶の上書きが出来る。ある種、魔法に近いが、かといって能力値に補正を挙げてくれる訳でもない。一方的な送受信の為、意識して欲しい情報を引き出すなどは出来ない。
"偽・無限剣製"(アンリミデット・ブレイドワークス)
 信奉している英霊が持っていた固有結界と呼ばれる特殊魔術の複写。
 剣、またはそれに類似する範疇のものならば複製が可能。ただ複製品なので1ランク下がる。更に、原点となる英霊が同じ武器で打ち合えば、そのランクは更に1ランク下がってしまう。
 本来はこの固有結界を保持していないのだが、彼女の本来の宝具が改変され、展開が可能となっている。
・???
 上記の宝具の本来の姿。それは彼女の固有結界の詠唱にもその一端が見られる。ただし、限定条件があり、現状、彼女がこの宝具を展開する事は出来ても、制御は実質不可能。そもそもサーヴァントや守護者として召喚された彼女にはこの宝具の展開は出来ない。
スポンサーサイト
トラックバック(0)+ +コメント(1)
まぁぼちぼち。 ≪ BACK ≪ HOME ≫ NEXT ≫ 朧月の契り 第2章 08
ステータス拝見しました。
能力値をみると、アーチャーより『魔術師』らしいステータスですね。
あと、保有スキルを見るとアーチャー本人とかマーボー神父とかと出合った時が不安になりますね……。
2010/11/26 Fri URLmise#- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
HOME
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
カテゴリー
最近のコメント

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。