次回キリ番リクエスト30000!! 更新報告:12月15日 朧月の契り 第2章14 日記 を更新。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■時間ェ……。
2010/11/30 Tue日記
 さて、そろそろホロウもやりはじめようかな、と画策しつつも時間がない…orz
 そんな時間のやりくりに四苦八苦しつつも、今日も私はのそのそと筆を進める…。

 以下、コメントレス。

>だが、断る!様
 イリヤはしろいこあくまですからねwww
 おぉ、そういわれてみれば確かにwww code、何かに使えないかなw
 宝具を考案中、と言われても投影する宝具の事なので、まぁ、文献調べて何かしら探しているのが現状ですね。
 とりあえず、それ専用の短編、と言われてもなかなかに状況が浮かばないもので本編でなんとかしようとは思ってますが。

 幻月の方では、まぁ、今のカナデの原型、本人としてはあまり変えている意識はないのですが、変わっているんでしょうかね、やっぱり。


>遊白様
 この士郎はもう、絶対にアーチャーにはならないんだ、という決定的なシーンでもあったので力を入れて書きました。
 アーチャー、驚くのは間違いなし。というより、既にカナデが色々と動いている時点で召喚された時点で「あるぇ?」な状態でしょうw
 セイバーはとりあえず、キレましたw まぁ、今回の状況に陥れば流石にセイバーじゃなくてもキレるのは仕様がないとwww
 アーチャーとカナデが幸せに…ですか。なれますかね、あの頑固者二人…。
 マリオネット、聞かせて貰いましたが、これもまたイメージにぴったりすぎてww ご提供、ありがとうございますw

 感情が豊か、ですか。そこまで意識して変えてる訳ではないんですけどね(苦笑
 シロウは、アーチャーなんだけど士郎としての部分を前面に押し出したアーチャーなのでwww
 凜、というより「遠坂凜」という存在そのものですね。どこかの世界の個人、じゃなくて、それを統合した「遠坂凜」という可能性。なので彼女が必ずしも宝石剣に辿り着いた訳ではないですし、まぁ、彼女を基点にしつつも、他の第二魔法会得者もそれに加わってるのかなぁ、とか読み直して思ったりはしてますが(苦笑

>名無し様
 多少の改訂は加えさせていただきましたが、公開させていただきました。うーむ…こっちはこっちでやっぱり悪くはないかなぁ。
スポンサーサイト
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 11
2010/11/30 Tue朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(1)
■■■幻月の乙女 最終章「Unlimited blade works」
2010/11/29 Mon朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■幻月の乙女 第4章「She is a crime avenger」
2010/11/29 Mon朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■幻月の乙女 第3章「It is true of the world」
2010/11/29 Mon朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■幻月の乙女 第2章「It is a far phantom」
2010/11/29 Mon朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■幻月の乙女 第1章「Thus, she swore it」
2010/11/29 Mon朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■幻月の乙女 序章「End and beginning」
2010/11/29 Mon朧月の契り
 これは名の無い喜劇。さしたる意味のない、ある一人の少女の生涯の記録である…。




  ≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■お願いがありますよと。
2010/11/29 Mon朧月の契り
 そろそろ聖杯戦争の本編が迫り来る中、いろいろとカナデが使うだろう宝具を考案中…さて、上手く書けるのやら…。

 後、コメントレスについて。感想はとてもありがたく頂戴しております。ですが、返信の際にわからなくなってる、って事はないかもしれませんが、良ければネームの方も一緒に記載していただければ、とお願い申し上げます。本当に適当なネームでも良いのでw あくまでお願いですので、ご一考される程度でも構いませんので。
 
 以下、コメントレス。


>mise様
 アーチャーに比べると確かに魔術師寄りなステータスですね。
 あの二人はカナデにとってある種鬼門です。そして同時にアーチャーの過去である士郎も…。
 そして逆光の方を聞いてみた訳ですが、イメージにぴったりすぎて思わず涙がwwww

>遊白様
 士郎は自分が幸せになんかなっちゃいけない、という強迫概念がありますからねぇ。誰かの為にならないといけない、と。
 だけどそれがアーチャーの言うように独善なんでしょうね。結局の所、誰かを助けたいのは自分がそうしないと壊れてしまうから。
 スイッチ覚醒の方法としては凜と大差はないと思われますw ただ、色々手順なんかは違うとは思いますけどね。
 これでとりあえず戦争前のイベントはほとんど片付いたと思われます。…実際どうなるかは見てお楽しみいただければ、と思います。

>無銘様
 イリヤルートないしカナデルートです。分岐によってどちらか選べる筈…(ナニ
 能力はともかく、心構えは正史の士郎に比べて幾分か無茶が減ると思います。無理はしますけどw
 この士郎がアーチャーと出会った時の反応とかがちょっと考え物ですね…一体どうなるやら。
 カナデが単独行動=嵐の前触れ、という方程式が成り立っている事に吹いた作者でしたw

>名無し様(朧月の契り 第2章09)
 聖杯戦争の破壊…まぁ、カナデが何を考えて行動しているのかは追々とw


>名無し様(朧月の契り メニュー)
 幻月の乙女、ですか…。うーむ、別に出しても問題は無いですし。あれがあっての朧月があるので公開の方は考えてみます。

>名無し様(朧月の契り メニュー)
 アルクとの笑顔がダブりましたかw …まぁ、確かに似たような事は言った気がしないでもないですかwww
 もっと日常パートもいれてみたい気はするんですが、そうするとテンポの方が悪くなるんでささやかしかいれられないんですよね…。
 いつか書くとしたらホロウ編でもやってみたいですがw
 まぁ、聞いていたとしても黙っているんでしょうけどね、イリヤはwwww

>名無し様(朧月の契り 第2章09)
 なるほど、確かにそうと言えますね。祖父から子へ、子から孫へ…正義の味方の理想は受け継がれていく。なんだか魔術師の側面もやっぱりあるといえばあるんですかね、この一家(?)。

>名無し様(朧月の契りメニュー)
 こればっかりは感覚的なものなのでwww 敢えてFateであげるならcodeですけどね。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 10
2010/11/29 Mon朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 09
2010/11/26 Fri朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■だいたいこんな感じなテーマ曲。
2010/11/26 Fri日記
 あまりにもカナデのイメージと合う曲が見つかったww もっぱら作業用は以下の曲。

 ・God knows...(涼宮ハルヒの憂鬱)
 ・夜明け生まれくる少女(灼眼のシャナ)
 ・TRUE(ドラゴンドライブ)
 ・集結の園へ(パチスロエヴァ)
 ・Dream(GC版カスタムロボ)

 後は今回、後書きに予告風味に作品を一つ掲載。EXTRA男主と彼女がそのサーヴァントだったら、というお話。
 以下、感想レス。

>通りすがり様
 誤字報告ありがとうございます。もしよろしければまたあったら報告してくださると助かります。


>無銘様
 同じ道を歩んだカナデだからこそ言える事だったかな、と。
 その生涯に意味を持たせなかったから持たせる為にカナデがついて回るという脅し。
 本当なら逆なのに、何でそれが成立してしまうのかw ここら辺、士郎とカナデだからかw
 この士郎が至る場所は一体どんな風景になるんでしょうねぇ…。

>遊白様
 この士郎は幸せについて色々と悩むようになってます。まぁ、幸せにならなきゃ幸せになる為に付いてくるという女性がいるなら考えざるを得ないかな、と。
 確かに、この士郎はもう決定的にアーチャーであるエミヤとは袂別ってそうですね。士郎の方は今後次第、と言った所でしょう。
 問題は士郎と上手くいきすぎた所為で余計にアーチャーを刺激してしまう事なのだが、果たしてどうなるやら…(オィ
 カナデのステータスは正直癖がありすぎて完成して見たときも思わず吹いてしまった作者ですw
 凜との協力路線は無し、でしょうねー。このまま行くと。

>名無し様(朧月 第2章 08)
 女の子は欲張りなんですww

>醤油様
 まだMonsterと会った事がないので…。というか、本気でやばいでござるwww
 明らかにカワカミンの影響ですなwww アラガミ、買いつつもやってないというww

 士郎を否定したり、ねじ曲げたりする人はいるけど、あそこまで一途にただ信じて尽くすのはいなかったかなぁ、と。それ故のカナデのあの言葉なのかな、と。
 まぁ、中毒性があるのかどうかは、まぁ、これ以降の話次第という事でwww

 ステータスは色々と悩んだんですが、セイバーでBなんで、流石にAは多すぎかな? とか思った訳なんですが…。
 幸運は、まぁ、エミヤの系列では在る彼女ですけどかねがね満足して死んでますしね。在る意味、恵まれていると言えば恵まれてますので。
 聖杯は使えるんだか使えない程度にしておくのが落ち着いた所なのかな、と思ってこのような形にしましたw
 魔力EXwwwww 私は流石にそこまで挙げられなかったwww

 キリ番はどんまいでしたw

>名無し様(まぁぼちぼち)
 そ、そんな褒めての何も出ませんですよーwww
 正当派ヒロイン、と言われても、そこまで言われるキャラではないような気も(汗
 まぁ、半オリキャラというのが正しいので、まぁ、Fate系列のキャラであるのは確かだとは思いますが…。
 彼女は異端者ですからね。色んな意味で。

>誤字報告様
 修正させていただきました。ご報告、ありがとうございます。
 今後もなんかおかしな所があったら報告していただけると助かります。

>zako様
 楽しみにしていただき、誠に光栄の極みでございます。
 きっとこうなるんだろうなぁ、と試行錯誤のキャラですが、そんなカナデですが暖かく見守っていただければ、と思います。
 士郎のカナデルート…一応想定として凜verと桜verも在るわけですが…士郎ルートか…なんかやたらと自主規制が増えそうな気が(ゲフンゲフン
 アーチャーとのやり取りは色々と考え込んでは居ますが、楽しみにしていただければな、と思いますw



 以下、予告風味作品。





  ≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(1)
■■■まぁぼちぼち。
2010/11/23 Tue日記
 話が進むにつれ、微調整が…。その為、前話を幾つかちょこちょこ修正。
 後はカナデのステータスが出来たので挙げてみました。…まぁ、なんとも、という感じになったような気がしますが…チートじゃないよね?(ナニ
 あとキリ番始めることにしました。もし踏んだらリクエストどうぞw
 以下、コメントレス。


>遊白様
 カナデの目的は士郎の幸せですからね。アーチャーになる事を幸せだと思うなら止めないし、思うんだったら止めます。だから全部知りたい事は教えて士郎の幸せを模索するのがカナデの存在意義ですから。
 まぁ、カナデは自分勝手ですからね。とことんにまで。なのでこれからも士郎を振りまわす事でしょうw

>名無し様(鬱だ…orz)
 実際そんな事はなかったz(滅
 どうもゾウケンの影響か、純粋な魔術師の老人がまともなわけねぇ、というような反骨心がwwww
 昔は純粋だったのかもしれないですけどねぇww

>醤油様
 是非原作もプレイする事をおすすめします。出来ればPS2版でwww
 イリヤはカナデが勝手に動きまくるんで本当に色々と大変そうですけどね。
 士郎の方は…まぁ、付ける薬なし、と。その代わりに強烈な脅しが入りました…。

 終わクロとのクロスは正直月姫の情報が不足過ぎるんであくまでネタですwww
 なんとなく志貴vs式という構図が浮かんだけど、そんな事はなかったz(滅

 キャス狐の脆弱さにmonsterに挑む気力を奪われた私ですがナニk(滅
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り カナデのステータス
2010/11/23 Tue朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(1)
■■■朧月の契り 第2章 08
2010/11/23 Tue朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(1)
■■■ふと思いついた。
2010/11/18 Thu日記
 不意に思いついた電波ネタが…後書きの方に乗っかってるので。設定上、世界全部を巻き込んでるから月姫とか空の境界とかの方の考察も進めるべきかなぁ…いや、書くとしたらだけど、無理そうwww


 以下、コメントレス。

>名無し様(朧月の契り 第2章 06)
 カナデが何を望んでいるのかは、まぁ、まだ明かせませんが最終的にはアーチャーが関わっているのは確かですww
 絶対可憐チルドレンがわからないので、どうとも言えませんがwww
 とりあえずは落ち着いた士郎、けれど騒動はまだ収まりませんでした…(汗

>mise様
 そう言っていただけて作者としても嬉しいですww

>名無し様(日記)
 まぁ、あまり大本の流れは変えないで、という前提条件は付きますが。
 セラはやっぱり連れてきたい人なんで、強制的に拉致ってくると思われますww
 カナデのステータス…そろそろ纏めておくべきかなぁ。

>遊白様
 カナデの目的はまだ明かせません。ただアーチャーが関わっているのはカナデの性質上、間違いはないですが。
 まぁ、空白時間はカナデも色々とやっていたみたいですね。本当にいろいろ、と。
 士郎の反応はある意味、カナデが相手だと仕様がないんですけどね。作者の考え的にwww



 はい、コメレス終了。以下、突如沸いた電波ネタになります。





  ≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 07
2010/11/18 Thu朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■鬱だ…orz
2010/11/16 Tue日記
 桜ルートをリプレイ中。…うん、実に鬱だ…orz

 以下、コメントレス。


>名無し様(サイトマップ)
 リリカル・クロニクルも朧月もどっちも頑張って更新していきたいです。
 誤字報告ありがとうございます。ちょいと時間がないのでその時に修正をば…orz

>遊白様
 イリヤ一行、その行く先は波乱に満ちきっておりますが何k(滅
 色々と穏やかには終わりそうにありませんな、今後www 作者も不安で仕様がないですwww
 聖杯戦争の異常は結局はまだ誰も完全に把握しきってない、って所ですからねぇ。
 言峰はねぇw 言うとしても相手が絶対的に苦しむタイミングでしか言わないでしょうしwww
 イリヤは…どうなんでしょう、錯乱中? 原因は明らかにカナデですが(滅

>名無し様(朧月 第2章05)
 今後、士郎とどうなるのか。果たしてここまで状況を引っかき回すカナデの目的とは何なのか。…作者も描写出来るか不安になってきたorz
 HFルートをやりながら、イリヤに思わず何度も涙しかけた事か…orz 私も桜は嫌いではないんですけどねぇww
 この士郎がエミヤになるのかはまだ未定として、これからの展開、色々とただじゃ終わりそうにない展開になりそうです…。
 
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 06
2010/11/16 Tue朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■コメントレスのみorz
2010/11/15 Mon日記
 今回もコメントレスのみ…orz


>遊白様
 セラの気質上、彼女の胃が危ないのは日常茶飯事ですww
 令呪の使用は確かにアーチャーをなぞるようでちょっと楽しかったですww
 イリヤの思いってのは愛憎混じりの複雑なものと原作やってて思いました。憎みたくないけど、憎むしかない、みたいな。
 結果、こんな形に落ち着きはしましたが…。
 クー・フーリン、さて問題は凜ルートの彼のあの呆気なさというか、即効で消えたー!? みたいなw 彼にも反応するのかな…。そこまで聖杯戦争の事覚えてるのか? そこら辺、ちょっと色々と考えてみます。

>醤油様
 その気持ちはよくわかりますwww なので更新を気にしている作品は随時チェックしておりますw
 ふむ…確かになんかそんな台詞とかあっても良かったですな。読み直して加筆する可能性も考慮しておきます。
 カナデさん、本領発揮中ですww まぁ、常にこんな感じで皆を振りまわすイメージなのが奏なのでw
 奏が使い切ったお金の行方は…まぁ、なんだったんでしょうね?www
 令呪とはいえ、あまりにも曖昧で限定的でないに加えて無期限なものにはそんな強い縛りは与えられない、とアーチャーが言ってた筈…確か。
 

>名無し様(コメントレスのみ)
 確かにあっさりと死にすぎましたね…。ここら辺、もしかしたら改訂なり加筆なりを考慮するのも必要かな、と思いました。
 セラだけ残る、か。むむぅ、それも悪くない展開だったかもしれません…!

>名無し様(朧月 第二章04)
 奏がそこまでの大金を何に使ったのかは…まぁ、まだ秘密という事でw
 実際、投影使えばイカサマとか余裕で出来そうな気もしますけどねwwww
 ムーンセルの恩恵は今回、あまり受けてはいないですね。あまりそこまで演算能力が高かったりはし無いはずです。
 まぁ、霊子ハッカーとしての能力まで消えた訳ではないので、そこら辺、確かに奏はチートですがww
 セラとリズのわくわくバイト、になるのでしょうかね、まぁ、今後の二人にも楽しんでいただければ、と思いますww

>志貴様
 色々あってルイズの聖剣伝説はこちらの方に移転させていただきました。更新の程は色々とモチベーションの問題などもあって緩やかになるとは思いますが…。 
 
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 05
2010/11/15 Mon朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■コメントレスのみ
2010/11/11 Thu日記
 今回もコメントレスのみ。


>名無し様(拍手その1)
 漢乙www 確かにアーチャーとしてはこの成長は涙ものなのかもしれませんね。奏はどこまで成長していくんでしょうかね…。
 そしてお父さん呼ばわりのアーチャーのこの違和感の無さwwwwww

>名無し様(拍手その2)
 イリヤがアインツベルンと袂を別ってしまった以上、やはり基準はHFになるかなぁ、と作者も構想を練りつつ思ってます。
 イリヤの事を知れば奏も黙っていないでしょうからね。なにかしら行動はするとは思いますが…。

>遊白様
 アインツベルンはどこか間抜けというか、おかしい、というか、ともかくやってる事が意味なさ過ぎですよね。
 リズはイリヤ至上の面が見えましたのでわりと動揺は少なかったです。紹介でもイリヤの一部、みたいな事も書いてましたし。
 王子ww どこまであの子は性別を間違えて行くのだろうか…www
 とりあえずは冬木直行のご様子です。まぁ、一悶着はありましたがww
 
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 04
2010/11/11 Thu朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■大丈夫かこれ…。
2010/11/06 Sat日記
 あっさりとアインツベルンの当主をぬっころすこの展開…。果たして良かったのか。しかし奏がイリヤの仕打ちやったら確実にこうなるしなぁ…と考えながらの朧月の更新でした。


 以下、コメントレス。


>醤様
 どうもお久しぶりです。大丈夫です、覚えていらっしゃいますよーw
 奏の原風景ってのがやっぱりあそこですし、あのEDは狙っているとしか思えないのであれが元だったりもしますww
 オリジナルのサーヴァントは出来るだけ出したくなかった、というのが本音ですけどね。なのでバーサーカーに落ち着きました。
 聖杯の能力は以前考えたのではチートすぎるので、色々とまた調整していきたいと思います。まぁ、今回はバーサーカーなのでほとんど恩恵はありませんが。醤様の考察の通り、かねがね狂化を押さえているのはそんな感じです。
 キャス狐さんは可愛いw けれど今後登場の予定は…(滅

>遊白様
 イリヤと何だかんだ言って相性が良いと言いますか、そんな感じですね。なのでほのぼのしやすいのです、恐らく。
 全部の記憶は見られないですよね。印象の強い記憶が流れ込むみたいなので、どちらかと言えば奏が歩んだ記憶の方が割合的に多いかもしれません。まぁ、そのウチ、セラフの聖杯戦争に触れると思いますが。
 さて、今後の行く先は正に掴めない。実は作者にm(滅

>名無し様(コメントレスのみ)
 拍手ありがとうございます。ルイズの聖剣伝説は、まぁちょこちょこ書いていますが、ちょっと公開の方は遅れてしまうかもしれません。
 旧版の方は、私にとって黒歴史と言うべきものなので、出来れば公開の方は控えたい所なんですが…。ちょっと考えさせてください。


>名無し様(創魔の疾風)
 子供らしいはやてが書きたい、という理由で執筆を始めましたが、ちょっと今ははやてのオリジナル魔法の名称で悩み中。
 そこさえどうにか出来れば、プロットそのものはあるので書き上げようと思えば出来るんですが…これはいっそ募集でもしてみるべきですかね…。
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 03
2010/11/06 Sat朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■コメントレスのみ
2010/11/03 Wed日記
 特に書く事もなし…。コメントレスのみ。



>名無し様(拍手)
 頑張った人には報われて欲しい、そうですね。私も本当にそう思います。この二人が満足出来る結末になるかどうかはわかりませんが、しっかりとこれからも書いていきたいと思います。彼らへの愛が続く限り。


>遊白様
 とりあえずお楽しみいただけるような展開が続けば良いのですが…。
 真名に反応しなかったのは宝具が無い、という驚きに先取られて忘れられていましたw
 アーチャーや士郎の反応も期待に添えられるように色々と考えながら書いていきたいと思います。


 
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■鏡月の調べ 第1章 01
2010/11/03 Wed朧月の契り
 ――それは、何事もなく平穏な日常。




 
  ≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 02
2010/11/03 Wed朧月の契り
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■朧月の契り 第2章 01
2010/11/02 Tue朧月の契り
 ――望みは叶えた。ならば契約に従い、この身を汝に預けよう。

 ――そして我が身を望むならば、この身の英知を以てしてその望みを叶えよう。




 
≫≫続きを読む
トラックバック(0)+ +コメント(0)
■■■うぅむ…これは確かに…。
2010/11/01 Mon日記
 FateのDVD。これは確かに残念な流れ、と言われるのも仕方ないかなぁ、と思ってしまった…。
 でもUBWとか、ギルガメ戦とか、良い所もあったよ!! 特に士郎とアーチャーの戦いは思わず涙が…。


 さて、後はプリズマイリヤ、単行本購入。今までなんか「地雷っぽいな」と避けていましたが…。
 そんな自分が恥ずかしい。楽しかったよ! おもしろかったよ!! いや、元々魔法少女っていう属性に弱い私ですけどねwww
 そんなこんなで思わず書いてしまったよ、朧月とプリズマのクロス! …需要あるのかね(苦笑


 さて、それではコメントレス。感想をくれた皆様、本当にありがとうございます!!


>通りすがり様
 感想、ありがとうございます。良し、と思っていただけて幸いです。

>名無し様(コメント)
 再会の部分はらしいな、と思われるような会話をイメージして書いてみました。
 私が神なのではありません。元作品が神なだけですwww

>名無し様(拍手その1)
 何がふつくしいのかはわかりませんが、ありがとうございますww

>モス様
 リリクロの方もちょこちょこと再開していこうと思います。良ければまた読んでいってください。

>遊白様
 あんまりEXTRAの世界を捏造しすぎるのがいやだったのであっさりになってしまいましたのは事実ですね。
 どっちかといえば英霊編で奏がどういう人間なのか、というのを表現しようと思っていたので仕様がないかもです。
 固有結界については悩みましたが、人間の時には一度ぐらいは使って貰わないと英霊編でちょいと支障が出ますので。
 詠唱はらしいな、というのを考えてみましたが、良かったと言っていただけて幸いです。

>名無し様(拍手その2)
 ルイズの聖剣も近々、更新は再開しようとは思っています。首を長くして待っていただけると幸いです。
 
トラックバック(0)+ +コメント(0)
HOME NEXT
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
リンク
カテゴリー
最近のコメント

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。